キャンドゥ『2WAY LED ランタンライト』

コンパクトで明るくて頑丈、ランタイム長めで防災用にも好適。
今、一番おすすめの 100 円ランタンです。^^

キャンドゥ ランタン

スポンサーリンク

概要

詳細は後述しますが、本品はセリア、ワッツ、ダイソーなどで販売されているグリーンオーナメント社の『ミニパワーランタン』と同じ工場で生産された実質同一品と思われます。
但し、ミニパワーランタン』の記事に記載の欠点を解消した改良版になっています。

そのため、本記事では初期型との相違点のみを記述します。
本品の一般的な情報については『ミニパワーランタン』の記事を参照して下さい。

セリア「ミニパワーランタン」(追記あり)
セリアで買ったグリーンオーナメント社の「ミニパワーランタン」をチェック。 据え置きタイプではなく釣り下げタイプで、猛烈に明るいランタンです...

内部構造

LED 基板がガラエポから紙エポに変わっている他、電流制限抵抗が下表のように変更されています。
ライト側の電流制限抵抗が 2 本直列になっており、ランニングチェンジのためと思われる(全く問題ないけど)変則的な回路です。

電流制限抵抗 ライト側 ランタン側
初期型 5.1 Ω なし
改良型(本記事) 5.1 Ω + 3 Ω 3 Ω

キャンドゥ ランタン3

ミニパワーランタンとの比較

この手の製品の場合、外観は同一だけど中身は大幅に異なるコピー品がしばしば存在します。
でも本品とグリーンオーナメント社のミニパワーランタンを比べると違いは以下の通りであり、同一品の改良版と判断して良さそうです。

  • 外観のプラスチック成形部品だけではなく、電池ボックス部の金属パーツも同じ。
  • 内部配線用リード線の色分けも同じ。
  • LED 基板はガラエポだったのが紙エポになっていて、いかにもコストダウン目的。
  • ランタンモード側に電流制限抵抗が追加されており、球切れの心配が解消
  • 電流制限抵抗の追加でライト側/ランタン側共に微妙に明るさが落ちているが、並べて比べないと判らない程度。

まとめ

本記事の改良型はミニパワーランタンの最大の欠点が解消されています。最近の LED 9 灯 or 12 灯のランタンと比較すると暗いですが以下のような長所があり、コストの制約がきつい中で大きな欠点がなく、バランスが取れた出来になっています。

  • コンパクトで頑丈な筐体
  • とても明るい
  • ランタイム長め
  • スイッチ回りも問題なし

現時点では一番おすすめの 100 円ランタンです。

防災用を兼ねて買い置きする電池はダイソー/ワッツの 7 年アルカリ電池がおすすめ。

ダイソー/ワッツ「おすすめの 7 年アルカリ電池」
安くて信頼性高めのアルカリ電池買うならこれで決まり? (「使用推奨期限が 7 年のアルカリ電池」を便宜上「7 年アルカリ電池」と表記) ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする